正中線の特徴

妊娠中に肌にできた正中線に悩む方は多くいます。一見すると妊娠線と同じように見える正中線ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

 

正中線ができる場所

 

正中線は元々人の肌にある線で、妊娠中にホルモンバランスが乱れてメラニン色素の生成が促進されることで、線に色が付き現れてきます。

 

この線はおへそを真ん中に割って縦に入っています。お腹の真ん中を割るような場所にできるのが正中線です。

 

見た目の特徴

 

正中線は薄い茶色の線です。これは、メラニン色素の色が肌の表面に出てくることでこの色となるのです。正中線は凹凸もなく、触っても妊娠線とは違い肌に何かある、という感触はありません。線は複数できるものではなく、見た目は茶色の線が一本だけできます。

 

かゆみや痛み

 

正中線はお腹に色が付いただけのものなので、妊娠線とは違い、かゆみや痛みといったものはありませんこのため自覚症状が薄く、気が付いたときにはできていた、ということも珍しくありません。

 

その他の特徴

 

正中線はホルモンバランスが乱れ、体内でメラニン色素が生成されてお腹に集まることが原因で起こります。

 

このため正中線のために特別なケアをしなくても、産後にホルモンバランスが正常に戻ることで徐々に消えていきます。

 

また、妊娠中にできることから女性特有のものであるというイメージがありますが、正中線は男女関係なく元々持っているもので、普段は色が薄いため見た目では分からない状態となっています。