妊娠中の正中線は自然に消える?

妊娠した後しばらく経ってお腹を見てみたら、いつの間にか茶色い線が出来ていた、ということが多くあります。この線は正中線というもので、人が元々持っている線にメラニン色素が沈着して起こるものです。正中線が気になりケアをする方も多くいますが、実はこの線は放置しておいても自然と消えるものなのです。

 

正中線は妊娠中の一時的な症状

 

妊娠中にできる正中線の原因は、妊娠時のホルモンバランスの乱れが原因としてあげられます。妊娠中は体内の赤ちゃんを育てるためにホルモンバランスが変化してしまい、メラニン色素が生成されやすくなります。

 

このメラニン色素がお腹にある線に色を付けてしまうことで起こるのが、正中線なのです。出産後、ホルモンバランスは徐々に元通りとなります。これによりメラニン色素の生成も自然と収まり、正中線も徐々に薄くなっていきます。

 

早く消したい方は正中線用のケアがオススメ

 

産後、自然に消えるといってもやはり気になる、という方は多くいます。出来てしまった正中線を薄くするためには、原因であるメラニン色素の生成を抑制するケアをすると効果的です。

 

まず重要なのが、肌の保湿です。保湿をすることで肌の新陳代謝能力がアップし、新しい肌ができやすくなります。

 

すると正中線ができてしまった肌も徐々に排出され、ケアを続けることで正中線が薄くなっていきます。正中線専用のクリームは販売されていないので、自分の肌に合った保湿性の高いボディクリームを選んでケアをしましょう。