正中線を消す運動方法

妊娠中に出来やすい正中線ですが、正しいケアをすることで線を薄くすることができます。今回は、妊娠中でもできる正中線を薄くする運動方法をご紹介します。

 

軽いウォーキング

 

妊娠中は激しい運動は厳禁です。しかし、体を全く動かさないと体力低下や筋力低下を招き、出産中や産後に悪影響となります。

 

母子の安全を守るためには、危険度の少ないウォーキングがオススメです。1日30分を目安に、身体に大きな負荷がかからない程度の運動をしましょう。

 

極度に暑い日や寒い日は、外でのウォーキングは避けましょう。母子の健康に関わるので、室内で歩くようにしましょう。

 

ウォーキングで身体を動かすことで体内の新陳代謝能力をアップさせ、古い肌を排出させ、正中線のない新しい肌を作り出すことができます。

 

気軽にできる運動方法なので、妊娠中は旦那さんや家族と一緒にウォーキングで正中線対策がオススメです。

 

ストレッチ

 

ストレッチは凝り固まった筋肉をほぐし、身体の疲れを取り除きます。また、妊娠中はホルモンバランスの乱れによりストレスが溜まりやすい状態となっています。

 

ストレッチで身体を動かすことで、ストレス解消にも繋がります。ストレッチはウォーキングと同じく新陳代謝能力をアップさせる効果が期待できます。

 

また、筋肉をほぐすことで血行促進にも繋がり、正中線の解消と予防にも繋がります。妊娠中のストレッチは胎児に悪影響とならない程度に行いましょう。

 

特に、腹部に大きな負荷のかかるものは避けましょう。身体全体の筋肉を軽くほぐす程度のストレッチをしましょう。